So-net無料ブログ作成

α7III,α9ユーザーにオススメ!マンフロット「befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用」 [α・NEX アクセサリー]

オレンジ(シナバー)カラーの専用プレートが付属、これが良いアクセントになってます!

今回はマンフロットのα7II、α7III、α9 ”半”専用三脚、「befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH」の紹介をさせていただきます。

befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用「MKBFRLA-BH」

  • 対象の α との同時購入で【3,000円】おトクにご購入いただけます
  • α7RIII ILCE-7RM3
  • α7 III ILCE-7M3、ILCE-7M3K
  • α7RⅡ ILCE-7RM2
  • α7SⅡ ILCE-7SM2
  • α7Ⅱ ILCE-7M2、ILCE-7M2K
  • α9 ILCE-9
  • ※同時購入価格は、予告なく終了する場合があります。あらかじめご了承ください。
  • ※上記α、他社カメラ、三脚座使用などは別途「200PL-PRO プレート」が必要です。

たためばコンパクト、細身なアルミながらもしっかりしていて、ピタリと止まる自由雲台。そしてなによりもシナバーカラーと言われる、オレンジのα専用プレートがカッコいい!

befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用「MKBFRLA-BH」は、ソニーストアでの販売価格が30,000円以内。この手の三脚としてはお求めやすい価格でありながらも、持ち運び+使い勝手が良い三脚となっていました。

 

befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH

足を折りたたむことにより全長を短くできる三脚。

すなわち携帯性にも優れたトラベル仕様の三脚、最近では種類も多くなってきて、用途や予算に合わせて購入することができる時代になりました。

今回紹介する「befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH」(名前が長い・・・)も、そんな携帯性に優れたトラベル仕様の三脚です。

格納高は40センチとかなりコンパクト。イタリアのメーカー「マンフロット」らしい「赤」が印象的なケースも付属して電車やバスなどの公共交通でも安全に持ち運ぶことができます。

この三脚のもっとも目玉と言えるのが、この専用プレートの存在。

装着するとガッチリフィット、まるで純正品のようなフィット感(写真はα9)。

さすが専用設計!思わず唸ってしまいました。

「befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH」対象カメラ

  • α7RIII ILCE-7RM3
  • α7 III ILCE-7M3、ILCE-7M3K
  • α7RⅡ ILCE-7RM2
  • α7SⅡ ILCE-7SM2
  • α7Ⅱ ILCE-7M2、ILCE-7M2K
  • α9 ILCE-9

さすが専用設計だけあって、このプレートは上に書いたカメラにのみに使える仕様。

例えば他のカメラで使うとか、レンズの三脚座に装着したり、上記のカメラでもバッテリーグリップを装着した状態での使用は不可。

ただ、まったく使えない。ということはなく、汎用プレート「200PL-PRO」を別途購入すれば様々なカメラや条件で使用可能。品名にα専用と書かれていますが、じつは専用プレートだけの話だったりします。

マンフロット 200PL-PRO プレート の詳細はこちら

しかしながら、このプレート、ソニーストアでの取扱いはありません(泣)。マンフロット社とソニーは協業しているのだから、プレート「200PL-PRO」も一緒に販売して欲しいなぁと思うのでした。

さてさて話は変わって、三脚の脚をすべて伸ばしてみました。

センターポールを下げた上の写真の状態で133cm。

センターポールを上げると最長151cm。

センターポールを上げた最長仕様で、α9をセットすると身長172cmの私の目線の高さにちょうどファインダーが来る感じ。トラベル仕様の三脚ってことを考えると、必要十分な高さを確保してくれていると言っていいでしょう。

この三脚の段数は、4本の脚からなる「4段三脚」。

もっとも太い脚チューブの直径は22.5mmで、もっとも細い脚チューブの直径は12mm。スペックだけみると細く感じるかも知れませんが、実際使ってみるとその細さは気にならないものがありました。

そう!剛性が高いんです。

アルミのカッチリした脚はしかっりとカメラを支えてくれる感じです。

気になって最大耐荷重を調べてみると、なんと「8kg」までいけるとのこと。これなら軽いミラーレス一眼α+Gマスターレンズの組み合わせは問題なく、安心して使えます。

開脚角度は3段階。レバー操作でシーンに合わせた調整が可能で、下から煽って写すようなローポジション撮影でも使えます。

脚ロックは素早くセットできるレバー式。剛性の高さはここでも感じるところで、伸ばした脚をレバーでガッチリと止めてくれましたよ。

α9+SEL24105Gを雲台にセットしてみました。

シナバーカラーのプレートがすごく良いアクセントになっています。

雲台はボールにより角度調整が自由にできる「自由雲台」式。

この雲台がじつによく出来ていて、滑らかに動かせるほか、軽い力でピタリとしっかり止まってくれます。このあたりの節度感というか操作性の良さ、実はかなり重要。さすがマンフロットの三脚といったところでしょう。

スルスルと動かしてピタリと止めれる。これはストレスがないですね!!

どんなカメラにも対応できる「汎用のプレート(200PL-PRO)」が付属してなく、対応したα以外で使用したいなら、別途購入しないといけない煩わしさはあるものの、たためばコンパクト、細身なアルミながらもしっかりカッチリ。そしてスルスルうごき、ピタリと止まる自由雲台。

これだけの内容を30,000円以内で購入できるって考えると、なかなかイイ三脚だなぁと思いました。


今回はソニーストアで取り扱っているマンフロットの三脚、「befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH」の紹介をさせていただきました。

befreeアドバンスL三脚キット ソニーαカメラ専用 MKBFRLA-BH

収納時に脚を反転させることでコンパクトに畳めます。ソニーα専用のカメラプレートが付属。「シナバー」デザインを配した特別モデルです。

ソニーストア価格:27,500 円+税

 2019/04/03 現在の価格

対象機種のこともありますので、詳細につきましてはリンク先も参考になさってください。

 

α わかりやすく徹底解説

当店のホームページでは、最新αのカメラ・レンズを徹底レビューを掲載しています。

作例付きで紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

ショップ店員による『デジタル一眼 α』徹底レビュー

当店ではソニーのデジタル一眼カメラ 「α」 の実機を使用したレビュー記事を掲載しています。Eマウントを始め、Aマウントのカメラボディ、それぞれに使用出来るレンズ、ソニー純正アクセサリーなどを紹介しています。

 

 

bloglogo_201407.jpg

 


nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 5

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。