So-net無料ブログ作成

極上のポートレートレンズ ソニー SAL85F14Z (Planar T* 85mm F1.4 ZA) 実写レビュー [Aマウントレンズ]

ソニー SAL85F14Z (Planar T* 85mm F1.4 ZA) の 実写レビューをお届けします。

SAL85F14Z_review_001.jpg

SAL85F14Zは「α至上・最高傑作のレンズ」と、言っても決して言い過ぎではないでしょう。

柔らかでかつシャープ、とろけるようなボケ味、そして色乗りの良さも抜群。
このレンズ欲しさにαを購入される方も多かったりします。

とても魅力的なレンズであることは、今まで多くのカメラマンが残してきた作品をみてわかるとおり。

それでは、実機と作例とあわせてじっくり、ご紹介致しましょう。

SAL85F14Z  レビュー 「高い質感は一生モノレンズの証」

高価・重い・大きい・・・だけど一生モノ。
SAL85F14Zは負担になった分を確実に補ってくれる、そんな一生モノのレンズと言えるでしょう。

最大径81mm、長さ75mm  重量は650g と、胴のつまったデザイン。
手に持つと金属のひやりとした質感の高さとともに、ズッシリとした重さが伝わってきます。

SAL85F14Z_review_002.jpg

カメラボディに装着すると、いかにも”撮れそう”な雰囲気。
そしてひとたびファインダーを覗くと圧倒される世界に「撮りたい。」という気持ちが高ぶってきます。

SAL85F14Z_review_004.jpg

現在なら間違いなく α99との組合わせがベスト。
やっぱりフルサイズセンサー搭載機でこそ、このレンズの味が最大限に活かされます。

見た目に反して、手にした時のバランスも案外良く、振り回して使うことも十分に可能です。

SAL85F14Z_review_005.jpg

ツアイスと言えばフォトグラファーなら誰しも憧れるブランド。

価格や用途を考えると、誰にでもオススメ出来るものではありませんが、
オートフォーカスが使えるツアイスレンズはソニーだけ。

また本体内手振れ補正についてはαシリーズのみの特権でもあります。

とろけるようなボケ味と、柔らかでありながらもシャープな描写力は、他のレンズと比べても圧倒的です。
いろいろなフォトグラファーから絶賛されるのがわかる。そんなレンズだと思います。

ソニー SAL85F14Z (Planar T* 85mm F1.4 ZA)の詳細 |ソニーストア(外部リンク)

 

SAL85F14Z レビュー 「期待に応えてくれる描写力が魅力」

a99_sal85f18z_007.jpg

ボディα99 (SLT-A99V) (ボディの詳細
撮影情報F2.8 SS:1/25秒 ISO:800 DR:OFF WB:日陰
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

前後のボケ味が素晴らしいので、どこにピントを合わせるのかが撮影していて楽しくなります。
あまり考えずに撮影しても、それらしい作品に仕上がるところもこのレンズならでは・・・

ダイナミックレンジの広いα99との組合わせは、素晴らしいものがありますね。

 

a99_sal85f18z_003.jpg

ボディα99 (SLT-A99V) (ボディの詳細
撮影情報F2.8 SS:1/25秒 ISO:800 DR:OFF WB:日陰
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

その場にいるような雰囲気がそのまんま撮れる。と、言えば良いでしょうか?
このレンズで撮影した写真をあとで見直してみると、とてもリアルであることに気付きます。

その場所での空気感までも伝わると言えば良いでしょうか?
あのときの見たまんま、という印象で撮れていることに思わずハッ!としてしまいました。

 

a99_sal85f18z_005.jpg

ボディα99 (SLT-A99V) (ボディの詳細
撮影情報F4.0 SS:1/1250秒 ISO:200 DR:OFF WB:太陽光
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

ポートレートになってくる被写体が居ないので、ひまわりさんでパチリ。

先ほどのピアノの写真でもそうでしたが、やはりリアルな描写です。
ひまわりさんの、花びら一枚一枚のの質感が手に伝わってきます。

 

a99_sal85f18z_006.jpg

ボディα99 (SLT-A99V) (ボディの詳細
撮影情報F4.0 SS:1/800秒 ISO:800 DR:OFF WB:日陰 RAW
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

動物撮影するには少し足りない焦点距離。
しかもAFもそれほど速くないレンズですが、AFはα99がなんとかカバーしてくれての1枚です。

まつげ1本1本の描写力に思わず唸ってしまいました。
ここまで質感が再現されてしまうと、この組合わせで撮影されるモデルさんは大変そうです。

 

a77_sal85f14z_002.jpg

ボディα77 (SLT-A77VQ) (ボディの詳細
撮影情報F2.8 SS:1/500秒 ISO:100 DR:オート WB:オート
画質チェック544×816ピクセル(表示) 等倍4000×6000ピクセル(表示

APS-Cフォーマット機のα77で撮影すると、かなり印象はかわります。
より望遠寄りになったような感じで”抜きの絵”が撮りやすくなります。

100年もの歴史を持つ駅舎の柱の美しさに、耐えてきた傷までもキチンと表現してくれました。

ちなみに、この日は天気も良くISO100にしてもシャッター速度が1/5000でした。

F2.8での作例ですが、もっと開けたい場合もあると思います。
そんな場合を想定すると、NDフィルターは1枚持っていた方がコントロールしやすいかもしれませんね。

 

a77_sal85f14z_001.jpg

ボディα77 (SLT-A77VQ) (ボディの詳細
撮影情報F8 SS:1/640秒 ISO:200 DR:オート WB:オート
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

今度は先ほどの作例と対照的に”絞って”みました。

絞ってみても、後ろボケの綺麗さは相変わらず。
自転車のパーツひとつひとつがとてもリアルに、表現されています。

 

a77_sal85f14z_003.jpg

ボディα77 (SLT-A77VQ) (ボディの詳細
撮影情報

F7.1 SS:1/500秒 ISO:100 DR:OFF WB:日陰

画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

今度はわざと夕日を入れての撮影です。
よく目をこらしてみると、フレアやゴーストの類はあるのかも知れませんが、目立ちません。

太陽が沈む瞬間のドラマチックな時間。
みたままの情景を、見事に写し止めることが出来ました。

 

a77_sal85f14z_004.jpg

ボディα77 (SLT-A77VQ) (ボディの詳細
撮影情報F2.8 SS:1/15秒 ISO:400 DR:オート WB:オート
画質チェック1228×819ピクセル(表示) 等倍6000×4000ピクセル(表示

夜間でも扱いやすいのがこのレンズ大きな特長です。
レンズの特長である明るさとボケを両方生かせるのが、街角での夜景撮影ではないでしょうか?

街頭やネオンがまるで、とろけるような感じで、思わずうっとり。

イルミネーションなどで撮影する機会があればぜひ使って頂きたいレンズです。


以上、SAL85F14Zの作例をご覧いただきました。

圧倒的な描写力に加えて、とろけるようなボケ味が魅力のSAL85F14Z。

SAL85F14Z_review_003.jpg

レンズ単体での重さが660gもありますので、複数本のレンズを持ち歩きたい。
と、おっしゃる方には、それなりに負担になるこのレンズ。

しかし、撮影後の満足度は相当高いので、次回からも必ず持ち歩きたくなる。
そんな気持ちにさせてくれることでしょう。

それほど、素晴らしいレンズだと思います。

Planar T* 85mm F1.4 ZA (SAL85F14Z)
SAL85F14Z_Img.jpg圧倒的な広角描写で多くのフォトグラファーを魅了してきた「ディスタゴン」がαならAFで使える喜びをぜひ!

販売価格:170,100円(税込)

※送料無料
※AV10%OFFクーポン使用可能
事故にも対応、3年間無料修理保証付


ソニーの直販サイト・ソニーストアでの販売価格は170,100円(税込・送料込 2012年12月現在)。 特典として落下などの故障にも対応する「3年間ワイド保証」も付いてきます。

外出機会の多いカメラ用品ですので、トータルなことを考えて購入検討されてみてはいかがでしょう?

またソニーストアではAV10%OFFクーポンもご利用可能ですので、利用すれば 「17,010円引き」で購入可能、分割払いも金利1%で承っています。

以上、ソニー Planar T* 単焦点レンズ(Planar T* 85mm F1.4 ZA) SAL85F14Z  実写レビューをお届けしました、商品の詳細につきましては、リンク先でご確認ください。

Planar T* 85mm F1.4 ZA (SAL85F14Z) の詳細 | ソニーストア(外部リンク)

 

カールツァイス・レンズフィルターのご案内

ソニーではカールツァイスのT*コーティングを施したレンズフィルターを各種販売中です。 このレンズのフィルター径は72mmとなっています。

※カールツァイス・フィルターの特長
独自のコーティング技術「T*コーティング」を施すことで、余分な反射を最小限に抑えてフレアやゴーストの発生を低減します。また、簿型設計により、フィルター装着によるケラレを防ぎます。

レンズをキズやホコリから守る保護用
VF-72MPAMカールツァイス・MCプロテクター・VF-72MPAM
販売価格:7,560円(税込)
※送料無料
色彩を変えずに、光量だけを減少させることができる
VF-72NDAMカールツァイス・NDフィルター・VF-72NDAM
販売価格:9,450円(税込)
※送料無料
水面の反射やガラスの映りこみを抑える
VF-72CPAMカールツァイス・円偏光フィルター・VF-72CPAM
販売価格:15,120円(税込)
※送料無料

 

αをもっと楽しもう! αレンズ レビュー 特集ページのご案内

αをもっと楽しもう!αの楽しみはレンズ交換にあり!
当店のホームページでは αシリーズ&NEXシリーズの特集ページを作っています!

lens_review_end.jpg 
もっとαを楽しむ![ソニーショップ里内] 

αシリーズやNEXシリーズ本体のレビューなどの情報はもちろん、レンズについても詳しく掲載。
ぜひ、ご活用ください!!

 

この記事に関連するレビュー

デジタル一眼カメラ α99、店員おすすめアクセサリーのご紹介 デジタル一眼カメラ α99、店員おすすめアクセサリーのご紹介
拡張性の高さ、アクセサリーの豊富さもポイントのソニーα(アルファ)99。その中でも、重要度の高いアイテムをまとめてみました。
ソニー Aマウント用Gレンズ 70-400mm F4-5.6 G SSM (SAL70400G) 実写レビュー ソニー Aマウント用Gレンズ 70-400mm F4-5.6 G SSM (SAL70400G) 実写レビュー
中望遠~超望遠域までをこれ1本でカバーする、ソニー α Aマウント用Gレンズ 70-400mm F4-5.6 G SSM (SAL70400G) の実写レビューをお届けします。
ソニー カールツアイス Distagon(ディスタゴン) T*24mm F2 ZA SSM (SAL24F20Z) 実写レビュー ソニー カールツアイス Distagon(ディスタゴン) T*24mm F2 ZA SSM (SAL24F20Z) 実写レビュー
ソニー α用Aマウントレンズ、カールツアイス ディスタゴン SAL24F20Z (Distagon T*24mm F2 ZA SSM) の 実写レビューをお届けします。
α99 到着!撮影してきました! α99 到着!撮影してきました!
α99とレンズを数本持って、およそ7時間ほど撮影に行ってきました。 速報レビュー的な感じではありますが、α99での作例を紹介したいと思います。
α99 到着!開梱レビュー! α99 到着!開梱レビュー!
ソニー フルサイズ一眼・α99 が到着しました! 箱のイメージは、α77など以前のものと比べると締まった感じでカッコイイ。 早速開梱してみます。
ソニー レンズを守る「カールツァイス」保護フィルターのご紹介 ソニー レンズを守る「カールツァイス」保護フィルターのご紹介
思わぬ事故からレンズを守ってくれる、そんな重要な役割を果たすのがレンズの保護フィルター。 ソニーからは、カールツァイス T*のブランドで発売している注目の製品をレビューします。
ソニー 500mmF4(SAL500F40G)発表!そして予約も開始 ソニー 500mmF4(SAL500F40G)発表!そして予約も開始
ソニーから通称:ゴーヨンと呼ばれる、望遠単焦点レンズSAL500F40Gが発表されました。ついにソニーもスポーツ撮影本気モード突入か?
ソニーα77(SLT-A77V・SLT-A77VQ) 徹底レビュー ソニーα77(SLT-A77V・SLT-A77VQ) 徹底レビュー
目前に発売を控えたα77を、じっくりさわれる機会があったのでレビューをお届けしたいと思います。αの中級機・α700の発売から随分と時間が経ちました。待望・・・そう。まさに待望の α77がいよいよデビューします。

blog: ソニーな、お店が大阪にあった! 最新記事5件


3684549.gif

 


nice!(12)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 12

コメント 11

メイジ

ため息が出ます…(^_^;)
by メイジ (2012-12-25 21:55) 

はまちゃん

出てくる絵が全然違いますね。
こういうレンズでポートレート撮ってみたいですね~。(^^)
by はまちゃん (2012-12-26 01:04) 

たいへー

未だに、違いが分からない男です・・・^^;
by たいへー (2012-12-26 08:11) 

Silvermac

高嶺の花です。
by Silvermac (2012-12-26 10:23) 

yas

メイジさん こんにちわ♪
ため息は画質?それとも価格?・・・両方でしょうか(^-^;
by yas (2012-12-26 12:11) 

yas

はまちゃんさん こんにちわ♪
それはもう美しい・・・の一言って感じですよ。
お試しで使うわけですが、本気で欲しくなっちゃいます・・・
by yas (2012-12-26 12:13) 

yas

たいへーさん こんにちわ♪
比べたら圧倒的なんですけどねぇ~
オーディオの世界でも、似たようなことがありそうな気もします。
by yas (2012-12-26 12:14) 

yas

Silvermacさん こんにちわ♪
高嶺の花ですが、使えば一生モノの価値がありますよ~
by yas (2012-12-26 12:16) 

schnitzer

夕陽を入れての鉄写真、素晴らしいです。
いつになったらこのようなショットをゲットできるのか…
まだまだ遠いお話です(涙)
by schnitzer (2012-12-27 23:26) 

yas

schnitzerさん こんにちわ♪
夕陽を大きく入れての写真は、運も必要ですよね。
休みの日にたまたま晴れていた。
と、いうこともあって、良い写真が撮れました。
チャレンジを繰り返してください!(^-^)
by yas (2012-12-29 13:43) 

simons

それぞれの味をちゃんと表現できる、腕がすごいと思います!

by simons (2013-01-05 14:47) 

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。